魅力がいっぱいのイタリア留学

申すまでもなくこの事例には、採用者側が正規の採用(DirezioneProvincialedelLavoro)、これはつまり地方労働局へ届出を済ませ、税金をきちんと納める事に従っていなければいけません。日本のアルバイトの時、正社員としての採用では欠如、つまり身分の保障がされない、福利厚生を普通には受けられない、などといった労働形態の事を言います。

 

具体的な要件として、就学用滞在許可証の有効期限内である事は当然、週20時間以内までの就労、または52週間で1040時以内という要件はありますが、被採用者として働く事は出来ます。手っ取り早くに言ってしまえば、日本の正社員に対する待遇と同じになります。

 

イタリア留学中は、結局あれこれお金が必須になるかと考えますが、留学中の就学用滞在許可証を持っていれば、アルバイトで稼ぐ事はできるです。イタリアにおいては、正社員採用をしない労働形態自体影響していないのです。

 

それではイタリアで言うところのアルバイトというのはどのような採用になるのでしょうか?実を言えば、フルタイムにしろパートタイムにしろ、労働者は絶対会社やショップなどに正式な採用を受け、採用者側は被採用者の身分バックアップ、福利厚生を与える義務が生じます。けれども、日本のアルバイトと、イタリアのアルバイトとでは、大きくニュアンスが異なっている事にご用心ください。

 

イタリアで日本のようなアルバイト契約をする事は、違法行為になるワケです。